中学部

指導システム

① 的確で充分なテスト対策
地元中学校の生徒だけで勉強しているので、地元中学校の定期テストや実力テストに対し、万全のテスト対策を行います。過去10年以上の中学校のテストを保管しており、過去問題を中心に問題練習を行います。
テスト前日は時間割を組み替えた前日対策授業を行います。これにより、例えば「明日は数学のテストなのに、今日の塾の授業は国語だ。」というようなことがありません。さらに、この前日対策では学校の提出物の点検と指導も行います。これで中学1年生からの内申対策も心配いりません。

② 志望校合格へ定評ある進路指導
高校への進路指導は万全を期して対応します。文理学院と協力関係にある高校は50校以上もあり、より早く的確な情報が入手できる体制を整えています。中学3年生の7月には保護者の方に集まっていただき、『高校入試説明会-正しい高校選びをし、志望校に合格するために-』を実施します。安全第一の中学校の進路指導に対し、自分に合った本当の志望校を見つけるための指導を行います。

③ 特別講習会 学習の習慣をつけ、学力定着をめざす
中学校の長期休暇(春休み・夏休み・冬休み)を使って特別講習会を実施します。期間中は授業回数を増やし、不規則になりがちな長いお休みを有効に利用して、学習効果をよりいっそう高めたいと考えております。講習前半には今まで学習した内容の復習を、後半には次学期(次学年)の予習を中心とした授業を行います。
春休みは、4月から始まる新学年の授業の準備を行います。ひと足早く新学年の勉強をスタートさせることが、その1年間の成績を決めることになります。
夏休みは、塾での勉強だけでなく、『中学校の宿題』の指導も徹底的に行います。中学校の宿題も、ただ終わらせるだけでは意味がありません。その内容を十分に理解し、2学期以降の学習に備えることが大切です。文理学院では「塾のカリキュラム」だけを指導して中学校の勉強をおろそかにするようなことは決してありません。また、最終日には塾内模試として『夏期講習会成果テスト』を実施します。
冬休みは、『チャレンジテスト対策(中学1・2年生対象)』と『高校入試過去問演習(中学3年生対象)』を実施します。中学1・2年生を対象に1月に中学校で行われるチャレンジテストは内申点を決めるとても大切なテストです。その内申点を決める重要なテストにおいて結果を残すことのできる対策指導を行っています。また、中学3年生は目前に迫った入試に向けて、各自の受験する高校で過去に出題された問題(過去問)を使った演習とその指導を行います。

↑ PAGE TOP