中学部

授業スタイル(個別指導科)

① 開講科目
全学年とも英語・数学・国語・理科・社会の5科目から必要な科目を必要な回数だけ選択して受講することができます。本科とあわせて受講することもできます。

② 学習内容
個別指導科では「一人ひとりのオリジナルな内容」を学習することができます。たとえば…
(1) 得意な教科は、高度な内容の学習や学年をこえた先取り学習をすることができます。
(2) 苦手な教科は、わからないところを1つ1つ、確実に学習します。必要に応じて前の学年の学習内容にさかのぼることもあります。
(3) 本科の曜日があわない場合は個別指導科を受講することができます。そのときは本科と同じ内容を学習することができます。
(4) 私立中学校に通っているならば、その私立中学校で使っている教材に合わせた学習をしていきます。学校での勉強を完ぺきにすることはもちろんのこと、次学年で上位コースをねらうことも、高校進学時に他の高校を受験することもできます。
授業の進度・内容・難易度、すべて一人ひとりの生徒にあわせることができるのも、個別指導ならではの利点です。

③ 授業時間
1コマあたりの授業時間は70分です。時間割は希望する曜日・時間帯を選択して受講することができます。この1コマ70分の授業時間内に「解説を聞くことによる理解」と「問題を解くことによるトレーニング」を効果的に行うことができます。

④ 演習
個別指導科では、各科目の授業の前後に、同じ1コマ分の演習の時間を設けています(希望者のみ)。1回の授業で学習すべき内容は完結するようになっているのですが、その内容を定着させるための時間として演習の時間があります。いわば、「授業」と「家庭学習」の橋渡しとなる時間です。生徒一人ひとりの学力と理解度に応じた演習内容を提供しています。授業と同じレベルの問題を繰り返し練習する場合もあれば、よりハイレベルな内容にチャレンジする場合もあります。「理解」「演習」だけでなく「定着」までも指導するのが文理学院の個別指導科です。

↑ PAGE TOP